ボジョレ・ヌーボ解禁

11月といえば、ワイン好きの方にはたまらない月になります。そうです。ボジョレ・ヌーボ解禁のタイミングです。

こうして毎年ボジョレ・ヌーボの解禁が話題になるようになったのはいつ頃からでしょうか。

もちろん、いろいろなところでいろいろなお酒が今は売られている次代ですが、ふだんワインをたしなまない方にとってもこのボジョレ・ヌーボ解禁という言葉がニュースやインターネットで踊りだすとランクに関係なく自宅に買って帰って飲むか、仕事帰りでも飲んでいくかという話になります。

正直、わたしはあまりお酒が強いほうではありません。ふだんでも自宅でほとんど媒酌もしないほどです。しかし、お正月やお盆、もろもろの記念日に並んで数少ないお酒を飲むタイミングとして設定しているのがこのボジョレ・ヌーボ解禁のタイミングになります。

もちろん、ボジョレ・ヌーボも高いものから安いものまであり、わたしがあまりそこまでお酒に詳しくもなく飲み比べてもわからないので購入に関しては家内に任せていますが、何となくこうしたタイミングで飲むワインはおいしいと感じてしまうものです。

実際のところ、テレビなどでのみ比べなどをして、高い銘柄と安い銘柄の差分が実はほとんどの方がわからないという情報も目にしました。

とはいえ、おさけは一緒に飲む人たちや場所、気分などで大きく味わいも変わってきます。きっと、ボジョレ・ヌーボの解禁もプラス要素になっているはずです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';