秋は秋バテに気を付けてお仕事を

夏バテということばはみなさんが知っていると思います。夏の暑さに体がついていけず、体力が低下することによって起こります。 でも実は夏バテということば以外にも、秋バテという言葉があるのをご存知でしょうか?

夏や冬に比べて秋は暑くもなく寒くもなく過ごしやすい季節です。それなのになぜ、秋バテが起こるのでしょう。秋バテの原因は自律神経の乱れにあります。

自律神経は交感神経系と副交感神経系とがあり、活動している時とリラックスしているときでこれが切り替わっています。 この切り替えがうまくできなくなるのが自律神経の乱れです。 夏から秋に変わった寒暖の差の大きさで自律神経がうまく働かず、交感神経系と副交感神経系の切り替えができなくなってしまうのです。 秋だからといって体調管理を怠ることなく、仕事に励んでいきましょう。どんな仕事も体が資本です。

自分の管理ができない人は、仕事を管理することもできません。 また、体調が悪ければ万全の態勢で仕事をすることもできなくなってしまいます。 仕事上で最高のパフォーマンスを発揮することができません。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';