私たちの業務と「サービス」について

皆さんは「サービス」という言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか?

飲食店や雑貨店などに行った際、『これはサービスでお付けします』とか『この店、サービス悪いな!』といった 何かをタダでしてもらうような場合にサービスという言葉を使うことが多くありますよね。 サービスとは動詞serve「奉仕する」の名詞形なので、確かにそういう意味で使用される場合も多いと思います。

しかし、サービスは別の意味もあります。「サービス業」という言葉を聞いたことがあると思います。 簡単に言うと「お客様に物や形の無いものを提供して対価を頂く産業」がサービス業です。 具体的にはホテルや旅館や自動車修理、塾など様々な種類があります。

それでは、私たちの業務はどうでしょうか? 普段はあまり意識していないかもしれませんが、実は私たちの業務もサービスなのです。

たとえば経理部門の方の場合を考えてみましょう。いろいろな伝票を処理したり、会社の決算処理を行ったりされていると思います。 言い方を変えると、経理部門の方は、会社に対して伝票処理、決算処理というサービスを提供し、その対価として給料を頂いていると言えます。

つまり、私たちは会社に雇われて働いているのと同時に、一事業者として「会社というお客様」にサービスを提供しているのです。 このことを意識して業務に取り組むと、私たち自身が自ら率先して業務を組み立てたり、効率化を計ったりできるようになると思います。 この機会に皆さんもサービスと自身の業務について考えてみてはいかがでしょうか。 ただし、「サービス残業」は別ですけどね。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';