理由のない失敗はない

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」をいうことばがあります。江戸時代の松浦静山という剣術の達人のことばですが、野球評論家の野村克也氏が監督時代に、引用して使ったので、広く知られるようになりました。

勝った場合には、まぐれ勝ちということもありますが、そこには負けにつながる課題が潜んでいることがある。逆に、負けには必ず負けるだけの理由があるというような意味だと思います。

言われてみれば納得のいく言葉なので市が、私たちはともすると、これと逆のことを考えたり言ったりしてしまっているのではないかと思います、

うまくいかなかったときに「たまたま運が悪かった」とか、「こういう時期なのだからしかたがない」とか、ついつい考えがちです。ともすると自己弁護に陥って、本当の原因から目を背けようとします。

逆に、うまくいったときには「これが自分の実力だ」と思ってしまいかちになります。自信を持つのはいいことなのですが、成功した場合にただ浮かれていて何の反省もなければ、次は思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。

上手くいかなかったときに、きちんとその理由を客観的に分析していけば、次に成功につながる原動力になります、「失敗は成功の母」とも言います。大事なことは失敗を失敗として謙虚に認めて、そこから何かを学んでいこうとする姿勢だと思うのです。あまり深刻に落ち込んでしまうのも考え物ですが、・・

仕事でも人生でも浮き沈みがつきものです。成功するときも失敗するときもあります。どちらになったときでも、このことばを思い出して、将来に結びつけていきたいものです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';