グローバル人材の育成について

グローバル人材の育成について、日本の企業では最近よく問題になることがあります。

もちろん、日本の人口が減っていくことでグローバルでビジネスを展開しないことには立ち行かなくなることになると言う危機感から生まれたものです。

しかし、これは日本人の島国根性かもしれませんがなかなか本当のグローバル人材というものは育たない傾向にあります。日本で雇用した人材よりも、最終的には現地で採用した人材がグローバルで活躍すると言うのが今の傾向として明らかなのではないでしょうか。

しかし、それではなかなか経営理念であるとかグローバル本社年の日本の昨日は海外に伝わらなくなります。

そこで重要なのが、日本から派遣された人材である現地で採用された人材であれ、いかにして同じようなポリシーでビジネスを展開することができるかと言うことです。

そこで重要になるのが研修とそのなりわいとなる経営理念をいかに浸透させるかと言うポイントになるかと思います。

企業としての経理年がしっかりしていれば、グローバルのどんな国でビジネスを展開する時にもあらゆる判断が必要な場合でもまずぶれる事はありません。トップマネジメントから、現場の判断まで経理年こそがすべての判断基準となるわけです。

ですから企業のマネジメントを確立するためには、なんといっても経理にもしっかり設立することから始めねばなりません。そこからグローバル人材の育成が始まると言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';