ものを作る前に人をつくるという松下幸之助の素晴らしい言葉

昭和の偉大な経営者である松下幸之助氏を皆様ご存知でしょうか。

1大にして間パナソニック、松下電器を世界的な企業に育て上げた偉大な昭和の経営者です。様々な名言を残していますがその中でも私が最も印象に残っている言葉があります。 それは松下幸之助氏が人材について語った言葉になります。

松下電器は何を作っている会社と聞かれたときにものを作るというのが一般的な答えだと思いますが、松下幸之助氏はそうではなかったのです。 「松下電器はものを作る前に人を作る」という名言を残しています。要するに、人材なくして企業は成り立たず、製造業として世に送り出す商品も作る事はできないと言う思い言葉となります。

もちろんこの言葉は現代にも生きています。いかにIT化が進み、人間のビジネスに果たす役割が変わってきても、人のいないところにビジネスは成り立ちません。もちろん、個人としてではなくいかに人間関係を築くかと言うことがビジネスの大事なポイントです。こう考えていくと、松下幸之助氏のものを作る前に人を作るというのは時代が変わっても永久に変わらない名言だと私は感じています。

特にこれからは2045年にAIが人間を超えるという憶測が成り立っています。

素晴らしいことだと言う考え方もできますが、逆にここに人間の倫理観や正義感がなくなると危険な社会へと突入する危険もあります。だからこそ社会においても企業においてもまずは人を作ることが大事になってくると思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';