挨拶の重要性

当たり前のことですが、挨拶がきちんとできるかどうかは社会人として非常に大きな問題です。

TPOに応じたビジネスマナーという高いレベルではなく、当たり前の挨拶さえもきちんとできないことを嘆くかたがたが非常に多くなっていると思います。

これは一般に社会人になってから学ぶこともあれば、習慣として幼いころからしっかりしつけられているかどうかのほうが大きいのではないかと思います。特にわたしは中学、高校、大学と体育会系で挨拶は目上であっても後輩であっても必ず重要な振る舞いの一つ、当たり前のこととしてやってきたので体にきちんと染み付いています。

もちろん、これは家庭でもしっかりしつけることができあます。いかに同じ屋根の下に住んでいてもおはよう、いただきます、お休みなさいくらいの最低のあいさつはきちんこなすようにしておかなければ、子供たちが大きくなっていざとなったときに困ることになってしまいます。

今の若者たちはどうしても、個の世界に閉じこもる時間が多くなり、コミュニケーション能力という観点から見た場合にどうしても欠如している場面が在るといっても過言ではありません。だからこそ、強制煮的なものが正しいかどうかわかりませんが、挨拶運動などで無理やりでも声をだして挨拶する習慣を改めて身につけることも重要ではないでしょうか。

これからの社会においてはさらに個の世界が増えてくることが間違いありません。だからこそ、今のうちに対策が必要です。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';