食育について

食育について、その大事さは誰もがわかっていますがなかなか実践できていません。学校教育においても給食の時間はありますがそこで食育の大切さを学べているかというとそういうわけでもありません。

家庭においても3色をきっちり食べること、好き嫌いをしないことなど基本的なことさえできない場合もあるのが現実です。

まず、今の子供たちに教えないといけないところとして、日本は非常に恵まれていて、世界ではまだまだ食べるものが満足にないと言う子供たちが入ると言うことを知らせると言う事です世界ではまだまだ食べるものが満足にないと言う子供たちが入ると言うことを知らせると言う事です。

最初にこのことがわからないと食べることのありがたみが理解できないからです。そして次のステップとして、世界のこうした子供たち出て好き嫌いをすることがなぜいけないかを教えることです。もちろん、今はアレルギーの問題などもありますので好き嫌いとは体質の問題が切り分けて考えるべきだと思います。

次に予約本当の食育に入ると思います。バランスの良い食事とはどういうことか、なぜ食べることが重要なのか、どのような食事が身体の発育良いかといったところをしっかり教えていくことになると思います。

もちろん、食育に関しては企業の社会貢献活動としてもしっかり行っていくべきものがあり、学校教育や家庭の教育とセットでプログラムを組んでいけば良いのではないかと私は考えています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';