高校野球に関して感じること

今年も高校野球のシーズンがやってきます。今年のセンバツ高校野球は21世紀枠の高校の活躍もありましたが、改めて野球留学のこと、そして球数制限、さらにはタイブレークと様々な議論がわきあがったという記憶もあります。

高校野球を知るファンとしてはいろいろ考えるところがあります。

まずは、野球留学についてです。高校野球連盟の規定では1学年あたりで越権留学の人数は限られているはずですが、出身中学を見ているとどう考えても地元の学生がいななあということもありました。

しかし、実際にグラウンドに立ってしまえば出身地がどうとか、特待生だとかいう話はとんでしまうはずです。しかし、あまりにもアンバランスになってしまうとよろしくないのも確かです。

そこでこれはほかのスポーツにもあてはまることなのです。だからこそ、大きな視野で学生スポーツのあり方を考えていくべきかと思います。

そして、球数制限やタイブレーク制です。これは非常に難しいところかと思います。将来ある高校生に対して球数制限は程度必要かも知れません。高校時代が最も輝いていて、投げすぎのあまりプロで故障がちになることも多いためです。長い人生を考えたときにこれは非常に残念なことかもしれません。

逆にタイブレークに関しては野球そのものの魅力を半減させるのでできれば、ベンチ入りのメンバー数を増やしてもよいことにするとか、工夫が必要なのではないでしょうか。野球のベースは守るべきだと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';