少子高齢化について思うこと

日本人の誰しもが社会課題だと感じている少子高齢化についてお話ししたいと思います。

日本は世界で最も少子高齢化が進ん国家であり現在1億2000万人の人口がゆくゆくは8000万人にまで減るのではないかと推測されています。

現場の人口を維持していこうと思えば女性が一人当たり1.86人の出産を求められるわけです。実態はまだ1.2人ですから、どれだけ厳しいと言う状況かはおわかりいただけると思います。

もちろん、政府や大学企業をあげてこの少子高齢化を、いかに防ぐかと言う政策は議論がつくされています。それでも待機児童の数が減らなかったり、働く女性が妊娠出産を経て働き続けることの環境整備が整っていないのが現状です。

ここからは個人的な考えになります。元気な高齢者が増えている以上、子育てについても地域コミュニティーをさらに高めることによって有料の保育園に耐えるのではなく緩やかなつながりで地域に任せてみるというのはいかがでしょうか。

育児については十分な経験がある高齢者が同じ地域に住まう子供たちの教育を担うと言うのは非常にすばらしい仕組みだと思います。もちろん人口が減ることとともにある程度こみにティーは絞っていかなければなりません。

こうしてこみにティーも絞り込みをかけていけば十分に高齢者で子供たちの教育を担うことができるのではないかと思います。ボランティアに近い形でこの隙も作れば非常に女性も子供を見やすい環境になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。