体調管理も仕事のうち!会社員がすべきダイエット法

今回は「体調管理も仕事のうち!会社員がすべきダイエット法」についてです。

現在欧米では体調管理が大きくその人の昇進に結びついていると言われております。 よく考えるとあたり前のことかもしれません。 病気がち、もしくは不健康な肥満体の体では満足に日々の業務(=激務)に耐えられると判断されないのでしょう。 この自明の理は、欧米だけでなく日本にも流れてきております。

「日本の企業でも体調管理が出来てない人間は昇進できない。」

このことが普遍化しつつあります。

そこで大事になってくるのが隠れ肥満(もしくは重度の肥満)の方のダイエット法について 筆者も体質的に太りやすいのですがこのダイエット法を編み出してだいぶ、シャープな体型を維持することが出来ております。

効率的なダイエット法、すなわち「代謝」をあげること。 代謝をあげると脂肪を燃焼しやすい体になります。考えも前向き(自律神経にも好影響を与えるため)になり、日々の業務にアグレッシブに取り組めます。

代謝をあげるにはまずは定期的な有酸素運動。電車通勤の方は二駅は歩きましょう。(その際、なお効率的に燃焼させたい方は歩く前に、カフェインを摂取することを勧めます) 歩くことが習慣化したら次に

「呼吸法」を生活に取り入れることを勧めます。(本当は「座禅」を勧めたいですが)。呼吸法=腹式呼吸を生活に取り入れることは身体の免疫力をUPさせます。もちろん代謝もあがります。

最後にストレスをため込まないこと。たまには発散させ趣味や友人と羽目を外しましょう。ストレスをためることは免疫力を低下させ、病気になりがちな体に。当然代謝も落ち、考え方もネガティブに。ダイエットなど夢のまた夢でしょう。

体調管理は今求められている社会人のスキルかもしれません。 代謝をキーワードにダイエットに励みましょう!

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';