企業の社会貢献活動

一時期に比べると企業の社会貢献活動についてふれられることが少なくなってきました。

もちろん、社会貢献活動が社会的に当たり前のことになったこともあって、喜ばしいことかもしれませんが。では、実際に今の企業はどのような社会貢献活動を行っているのでしょうか。

これまでの社会貢献活動といえば、わかりやすいCSR活動と位置付けられてきました。ところがここ最近は海外の企業を中心にその流れが変わりつつあります。

単なる寄付行為や環境貢献活動だけではないのです。みなさんはSVという言葉をご存知でしょうか。これまでの社会貢献活動といえば、CSRが当たり前でしたが今後は日本国内でもCSVという言葉が一般的になってくると思います。

要するにCSVとは社会課題を解決するようなNPO法人や財団法人などに投資することにより、最終的にはマネーでリターンを得るのではなく、社会的な地位や社会貢献度でリターンを得るという取り組みになります。

もちろん、こうした取り組みはまだまだ日本では一般的ではありませんが海外では非常に大きな動きになっています。

日本の企業もこれからは単なる寄付行為だけではなく、こうしたCSVに活動をシフトしていくことになるのではないでしょうか。

CSV活動が新たな企業の社会貢献活動として根付くことを期待しています。これまでの社会貢献活動よりも社会課題の解決にかかわることが出来る新たな選択肢として十分に価値があります。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';