家族との絆

9月となりましたが、まだまだ残暑の厳しい季節です。とはいえ、8月の立秋の声を聞く頃から、まだ気温は高く真夏という感覚ですが風の温度といいましょうか、心地は、だいぶ変わってきますね。

田舎に夏休みに行ってみますとこのあたりの季節の変わり目を強くかんじますね。冷房の完備された事務所では、少しむりかもしれませんが。昔の人はこのあたりの季節の変わり目には、敏感でしたね。

「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ おどろかれぬる」といにしえの人もいっております。いよいよ夏休みも開けて元気に仕事に取り組むことの出来る季節になりました。

とはいえ、小学校のお子様のいらっしゃる方々には、運動会。そして、ご両親には、敬老の日、ご先祖様には、お彼岸と季節の行事や、ご家族との触れあいの機会となる行事もたくさん行われる9月です。行事に流されるというのではなく、ご先祖様に会いに行く。つまり、親戚の方々と親交を深める良い機会でもあります。休日などを利用して夏とは、また、違った交流をしてみるのも良いと思います。

今年は、熊本の大震災もございました。まだ、現地では、大変な日々を送られていることと存じます。9月1日は、防災の日でもあります。「災害は忘れた頃にやって来る」ともうします。来てくれないことがもちろん一番良いのですがそう言っていられません。最低限の備えをしておく、また、連絡方法などを考えておくということが必要となりますね。

携帯電話や固定電話はほとんど通じなくなってしまうということは、皆さんもすでに東日本大震災で経験済みかとおもいます。他の緊急時の連絡方法をご家族で話し合っておくことも必要となります。

秋風の爽やかな秋の日々を充実な毎日で過ごしましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';