防災の日のイベント

9月1日は防災の日になります。また、9月は防災月間となり、消防庁からもさまざまな呼びかけがおこなわれます。

もちろん、さまざまなイベントも開催されます。みなさんも幼い頃から、9月に学校に消防車がきたり、人口呼吸の練習をした記憶はありませんでしょうか。

まず、小学生にとって、イベントで災害が発生した際の初期の行動をおしえてもらったり、普段から心がけるべきことを知ることは非常にためになります。また、実践的に消火器をつかってみたり、最近ではaedまで体験できるとなれば、まさしく生きた授業となります。

次に集客施設でも9月の防災月間となれば、消防庁の立会いのもと、実践さながらの避難訓練を実施することになります。これにはまさに施設側としても真剣になります。日本では最近、大きな災害が続いていることもあり、普段から訓練しておかなければ意味がない、また、準備したマニュアルも実践で試してみないと役に立つかどうかわからないからです。

もちろん、一般家庭に対しても消防庁としては災害対策車を並べて集客とともに防災の研修を行うなどの努力をしています。

これから何よりも大切なことは学校、企業、一般家庭においても災害時の備えをまずは、しっかりしておくこと。そして、その備えを実践できるものかどうか防災月間などのタイミングでしっかり試しておくことだと認識しています。

これだけ自然災害が続いている今は、その機運が高まっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';