海外経験を会社に生かす

最近、「海外かぶれ」と申しますか、 海外ではこうなのに、日本は遅れているというような 日本企業を批判するような言い方をメディアでも良く見かけます。

私はもちろん、過激なナショナリズムといったものを賞賛するわけではないですが、 日本企業を単純に海外と比較して、「悪い悪い」というのは、 寂しいことであると感じています。

また、こういった時に使われる「海外」という言葉が、 だいたいいつも西洋のことであるというのも、 日本人の西洋コンプレックスというものを表していると思います。

私自身、西洋に行った経験は多少ありますが、 そこでしてきた経験は、良いことばかりではありませんでした。 特に、西洋から見て東洋人というものは、差別とまでいかなくとも、 まだまだ完全に受け入れられている訳ではないのだと感じることが多いです。

西洋人に完全に受け入れられていないのに、 その西洋を目指して真似ごとばかりしているのでは、 いつまでたっても個人や社会の成長は望めないといえるのではないでしょうか。 西洋のみならず、各国とも、それぞれのナショナリズムを持っていますから、 単純に他の国を真似てうまくいくということは少ないでしょう。

日本人、ひいては日本企業は、もっと日本に自信を持っても良いのではないかと思います。 日本文化の良いところはそのままに、広く他国から学ばせて頂くという姿勢を保つことが大切ではないでしょうか。 それは企業だけでなく、私たち一人ひとりにも言えることだと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';