大学の恩師に教えてもらったオポチュニティの神様の話

大学の恩師から教えてもらった今でも心に残る言葉があります。

それは、オポチュニティーの神様と言う言葉です。最初に俺をついただけでは何のことかわからないかと思います。

噛み砕いて言うと、要するにチャンスは誰にでも訪れるのでそれをものにできるかどうかは自分次第だということです。そしてそのチャンスをものにするためには普段からの努力を欠かしてはならない。これはスポーツを志す人間に対して教えてもらった言葉ですが、私は就職してからもこの言葉の大切さを噛み締めています。

人間にとってチャンスというのは平等に訪れるものだと私は感じています。ところがそのチャンスをものにできるかどうかは普段からの行動次第なのです。自分だけがうまくいかない、自分には雲がないと言うふうに嘆いている人間にとってはオポチュニティーの神様は微笑んでくれません。あくまでも、普段から努力を惜しまず、目標に向かって頑張っているからこそオポチュニティーの神様が微笑んでくれるわけです。

自分の人生がうまくいかないと感じている時だからこそ、自分自身の普段の行動を見直してみて何ができるのか、そして何行わないといけないのかを見直してみてください。そうすることでいざオポチュニティーの神様が降りてきたときに微笑んでくれるかどうかが決まってきます。そうなのですチャンスをつかむためにはやはり自分の努力次第なのです。

これは勉強でもスポーツでも仕事でも全てに当てはまることだと信じています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';