子供の個性の伸ばし方

我が家には二人の娘がいます。今は高校生と中学生になります。二人とも中学から大学まで一貫の私立に通っています。頼りないながらも曲がることなく育っていることだけはありがたいことです。

みなさん、お子さんを育てる中でいろいろな悩みがあるとおもいます。特に難しいのはそれぞれの個性をいかに際立たせて、さらにそれを、伸ばしてあげる、後ろ盾を親がどこまでしてあげられるかというところにあると思います。

もちろん、そこには親でなければわからないことや投資が必要なこと、長い時間が必要なこともあるのではないかと思います。だからこそ子育ては難しいのです。

我が家がいかに子供達に接してきたかをご紹介したいと思います。我が家はとにかく、幼い頃からいろいろな経験を子供達にさせることが何よりも重要だと考えてきました。

だからこそスイミング、クラシックバレエ、音楽教室などいろいろな経験をさせてきたのです。その結果、二人ともクラシックバレエを本格的に習いたいと言い出し、受験勉強をせず、レッスンに専念できる私立の、一貫を選びました。

幼いながらも自分たちで決めたことです。これを個性というには少し異なりますがこの判断は、しっかり尊重して親としては後ろから押してやることができたと思います。

こうして、子供の頃から自分たちに判断させることで成長促すこともできるのではないでしょうか。個性を伸ばすためには子供たちの判断を優先させてあげることが何よりも重要だと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。