オリンピック教育について

最近見たテレビ番組元気になったオリンピック教育についてご紹介したいと思います。

2016年にはリオデジャネイロ五輪、そして2020年には東京五輪と言うことで、これからオリンピックものはどんどん溜まっていくばかりです。

なかなか東京都にいないとわからないものですが、このオリンピックを通じたん子供たちの教育と言うのが盛んになりつつあります。言葉を言い換えると五輪教育というものです。

具体的にどういったことを学ぶかといいますとポイントはいくつかあります。スポーツを通したグローバル交流はどうあるべきか、東京オリンピックの際に日本のおもてなしの心をどのように見せるか、勝者と敗者だけではない関係をどう学ぶかなどといったところがポイントになります。

私もこの番組を見ていてなるほどと思いました。東京都の子供たちは今非常にオリンピックに関心を持っています。先週ではなくともボランティアで参加したいとか、英語を学んで海外の友達を作りたいとか、裏方としてオリンピックに参加してみたいと言うような意見がたくさんありました。

次世代を担う子供たちがこのようにオリンピックを通じて教科書ではなかなか学ぶことができないことを自発的に学ぼうとするのは非常に良いことだと思います。

願わくば、せっかくこのような流れがあるのであれば東京都だけではなく全国にこの素晴らしい流れを巻き込んでオリンピック教育を日本全体で進めて行けたら良いと感じています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';