親に会いに行こう

8月15日は終戦記念日。これは日本人なら皆さんご存知かと思います。戦争を経て、大きく日本が変わりました。

今の日本を見直すきっかけの日として、毎年ニュースや特集番組で終戦を取り上げていますのでご覧になる機会も多いことでしょう。

そして、少し話は変わりますが、8月15日は「親に会いに行こう」の日だそうです。

8月15日を0815として「親(08)に会いにい(1)こう(5)」という語呂合わせです。 これは、大阪府のメモリアルギフト販売の企業が制定し、記念日協会に認定されているようです。

親と同居している方はあまり関係のない話かもしれませんが、核家族化で親と会う機会が減少している方、親に会うきっかけの日としてもらうのが目的だそうです。

8月15日はお盆、子供達は夏休み真っ最中ですので、ちょうど帰省されている方もいらっしゃることでしょう。 子供が親元から離れ自立しても、親はいつも子供の事を心配しているものです。雨が降れば傘の心配、事故があれば子供の身を案じます。災害時などは連絡がつくまで心配は続くでしょう。

子供側からも親から離れてみて初めてわかったことも多いのではないでしょうか。 8月15日に限らず、思い立ったらいつでも親に連絡をしてみたり、会いに行くことは良いことだと思います。

普段、親孝行ができていないと気になっていらっしゃる方は、8月15日「親に会いに行こう」をひとつの言い訳にして帰省するのも良いかも知れません。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';