お盆の意味について

8月といえば、今も昔ももっとも象徴的な風物詩といえばお盆です。

なくなった方々が一時的に家に戻ってきて、またあの世に戻っていくという日本人にとって、とてもスピリチュアルな季節になっています。 私自身も特に田舎の家に育ったため、こうしたしきたりにはむかしから慣れ親しんできました。

しかし、これから地方自治体の消滅が少子高齢化のために進むと実際に守るべきお墓の管理さえもままならないことが出てくることが予想されます。 先祖代々きちんと守ってきたものをいかにつないでいくか本当に大きな問題です。

先祖を重んじることの大切さや重みに関しても時代とともに少しずつ変わってきているように感じます。 自分自身が没後、どのようにしてほしいかというところも価値観の多様化により、一概には言えません。

しかし、日本の先人を重んじる文化は非常にすばらしいものだと思います。時代とともにその形は変わっていくことはあっても、気持ちの部分だけは必ず継承していくべきところです。 その意味から考えてもお盆という8月の行事はこれからも間違いなく重要なところであり、なくてはならないものだと認識しています。

先人を語り合うためにみなが集まり、交流を深める。これだけ個の時代になっている中、非常にすばらしい習慣だといえるのではないでしょうか。

先人たちもきっとこうした交流の場に自分たちの話題がのぼることを楽しみにしているに違いありません。時代が移り変わったとしても。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';