夏の甲子園は熱い思いに包まれています

8月といえば、学生の頃には夏休みという楽しみがありました。夏の風物詩としては高校野球があります。

毎年、各都道府県から勝ち上がってきた球児たちが一生懸命プレイしているのを見るとこちらも熱い思いにかられるのです。甲子園でプレイするのが夢だと思っている野球部員は日本中で溢れるほどいます。しかし、甲子園までたどり着くためには、それぞれの地域の予選に勝って、勝って、勝ち続けて、負けなしの状態で甲子園にたどり着くのです。

グラウンドにいる選手たちだけでなく、スタンドで応援している人たちにとっても甲子園は特別のものです。金属バッドならではのヒッティング時のキーンという音やアルプススタンドからの声援の音楽など、甲子園の高校野球は特別な音があります。

選手だけでなく、応援団も必死で応援します。名勝負が行われて負けてしまって涙にくれる選手や応援団の姿はいつ見ても切ないものです。 甲子園で優勝するということは、一度も負けていないということなので、その凄さが人々の胸を打つのです。夏の甲子園は暑いです。

その暑さ以上に人々が熱くなるのが甲子園での高校野球です。今までも名勝負が沢山生まれました。甲子園で注目されてプロ野球に進んでいって、その後大リーグまで行って活躍する選手もいます。

甲子園は一つの登竜門で、そこで活躍することが将来を決めると言ってもいいでしょう。甲子園で活躍することが直接大リーグで活躍することに結びつくのです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';