立秋を過ぎても暑い日々が続きます。

8月に入り暑い日が続きます。体調の維持が難しい時期ですね。

こう暑いと、いろいろなことに文句をつけたくなったりしませんか。 この頃「立秋」という言葉を聞くとイライラしてしまいます。

「名前に偽りあり」の最たるものが「立秋」ではないかとまで思ってしまいますが、如何でしょうか。

立秋を過ぎると、新聞やテレビでは「風に感じる秋」とか「吹く風に秋を感じて」などとむやみに秋を強調し始めますよね。 実際には一番暑いころで、寝苦しい夜が明けて寝不足の目をこすっているときに、ニュースなどで秋の押し売りをされると、 「意地でも秋なんか感じてやらんぞ」と言いたくなります。

こちらがイライラしているときは、周りもきっと同じようにイライラしているでしょう。 駅や電車の中、あるいは社内、時にはお客様とのトラブルも起こりがちになります。

そんな時には、スーッと深呼吸でもして、気持ちを落ち着けましょう。 感情に任せて行動してストレスを発散しても、何も良いことないですよ。 その後始末で、それ以上の労力を費やすことにもなりかねません。

しかし、日本の四季というのは有難いもので、どんなに暑い夏でも永遠に続く事は無く、いずれ涼しくなります。 涼しくなれば、「ああ、やっぱり秋だなあ」などと感動したりするので、現金なものですね。 そして半年もしないうちに、「なんで毎日こんなに寒いんだよ。早く暖かくならないかなあ。」などと文句を言うのですから、人間って勝手なものですね。

さて、今日も暑さに負けずに頑張りましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';