枝豆からも学習できる、できる人物の仕事術

8月は真夏の日差しもまばゆく、ビールがおいしい時期です。 そしてビールのおつまみにおいしいのが枝豆です。 ビールやお酒が好きな人には、毎晩でも食べる人も多いでしょう。

枝豆に関して、ある人のこんな名言もあります。

「枝豆の扱いを見ても、よい主婦かどうかが判る。 よい主婦は、一家が食べきれるだけの枝豆を買って使いきる。 センスの無い主婦は、安価だからと大量の枝豆を買い、余らせて困る」

これは枝豆だけでなく、あらゆる食材・消耗品に言えることです。 仕事でも常にこの感覚は忘れずにいたいものです。 とかく人間は目先のお得感・利益感に弱いものです。 もちろん短期のうちに得られる利益も重要です。

ですが利益を考える場合、確実性とリスクも十分に考慮する必要があります。 先程の枝豆の話の場合、大量の枝豆はお得でしょうが、使いきれないリスクもあります。 お得感だけでなく、リスクの部分も購入の前に考慮が必要です。

また、こんな名言もあります。

「よい主婦は、枝豆の献立を3日も続けても飽きられない。 センスの無い主婦は、同じ食材を2日も続けて使えない」

世間でやりくり上手と言われる主婦は、同じ食材を生かせる献立を多く知っているものです。 例えば枝豆も多くの献立に生かせます。 煮物・和え物・かき揚げ・サラダ等、またデザートやスイーツ作りにも生かせます。

この話も、実は仕事に通じるものがあります。 仕事ができる人物は、とかく何かと応用が利きます。 何か困ったり面倒な事態も、機転を利かせて冷静に解決できるものです。

仕事術というと、何か特別な黄金律のようなイメージがあります。 ですが、日常生活の身近なところにもあるものです。 仕事ができる人物は、そんな意外なところから発見して会得できる人物でもあります。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';