ビジネスマンの情報収集の仕方について

ビジネスマンの情報収集の仕方について、ここ数年非常に多様化が進んでいると思います。

一昔前は日本経済新聞8日に寿司を毎朝チェックする、さらには業界新聞をチェックすることでビジネスマンとしては十分な情報を得ることができました。

しかし、最近はビジネスに関する情報も発信ビジネスに関する情報も発信源やリアルタイム性も高まり、個人に合わせた情報収集が可能になっています。

また、新聞やテレビだけではなくインターネットを使った情報配信でスマートフォンやタブレット端末で自らに合わせた情報を収集することができるようになっています。

さまざまな情報が個人に対して降り注ぐ時代になりましたが、逆に多すぎる情報をいかに自分に取り入れてそれをアウトプットとして利用するかと言うところはなかなか難しいと言えるのではないでしょうか。

私自身も朝のニュースをチェックし日本経済新聞のチェック、さらにはキュレーションサイトから情報を収集するだけでも情報過多になってしまいます。

降り注ぐ大量の情報をいかに自分自身に取り込み、商談やビジネスに活かすかというところは個人の能力によります。情報に対して受け身になるのではなく、自分なりの情報処理の方法を確立し、アウトプットに結びつけることをぜひとも考えていくべきだと考えます。

これからもビジネスマンにとって 情報が過多になるような状況は変わらないので非常に重要なビジネスマンのスキルになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';