夏休みの子供との過ごし方

7月と言えばやはり小学生、中学生、高校生、大学生に至るまで夏休みのシーズンです。

幼い頃は子供たちの思い出作りに旅行に行ったり、プールに出かけたり、お祭りに出かけたりと言うことで遊ぶと言う事と思い出作りがメインで終わっていました。 しかし子供たちも年齢が上がるとともに親子でのコミニケーションや思い出作りと言うだけでは夏休みが過ごせなくなってきます。

もちろん、勉強もしなければいけないし部活動を行うことや習い事を重視するということも出てくるからです。 もちろん、親としても夏休みに子供とどう接するかは変わってきます。単に、一緒に遊びに行くのではなくどういった形で思い出を作るのかは難しいところです。

そもそもが、夏休みだからといって親のほうは仕事が休みになるわけではありません。 しかしながら、子供たちの部活動や習い事に合わせて休みを取り、応援に駆けつけたり参加することで一緒に参加感を味わうことができます。

そして、子供たちにとっても夏休みと言うのは非常に長い期間で多感な時期でもあります。いろいろな出会いや別れ、そして悩みも出てくることだと思います。親としてはそういった感情を日々の生活の中で看取ってあげて、それとなくアドバイスをしてあげることができれば良いのではないでしょうか。

子供たちもそうした気遣いがあると言うだけで親に対する目が変わってきます。

夏休みは考えようによっては、親子のコミニケーションを違った意味でも深める良い機会になると私は考えています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';