アイスクリームからも学習、仕事の原則

7月は初夏、地域によってはもう暑い日が続く時期です。 暑くなるとアイスクリームがおいしくなります。

アイスクリームは世界中でおなじみのデザートですが、世界には多様な味の種類があります。 東南アジアのフィリピンには、なんとチェダーチーズ風味のアイスクリームがあります。

チーズ風味のアイスの中に、一口大くらいのチェダーチーズの塊も入っています。 驚くことにこれは変わり種ではなく、普通にどなたにもおなじみのフレーバーです。

広い世界の各地では、日本と違うものや生活文化に出会うことが多いです。 どの国・地域のものも、自国と違うと驚くものです。

そして、その国・地域では常識だった場合は本当に驚きます。 自分にとっては理解不能なものが、大多数の人に当然と受け入れられる。 そんな光景を目の当たりにすると衝撃を受けるものです。

海外旅行を好きな人の中には、こんなカルチャーショックも楽しいという人もいます。 世間には多様な人がいるもので、中には心臓が強く動じない人もいるものです。

この話も、意外にも仕事に通じるものがあります。

自分にとっての常識の中には、他の世界では全く異なるものもあります。 先程の話は海外でしたが、日本人同士でもよくあることです。 地域や生活文化が違えば、全く異なり驚くこともあります。

そして仕事ができる人は、そんな場合も相手を理解できるものです。

相手が自分と違っても、理解した上で配慮して対応できる。 仕事によっては、これが非常に重要なこともあります。 特に接客業をはじめ対人の仕事では重要です。 また対人の業務以外でも重要になることもあります。

自分の中の常識と違うことに出会っても動じない。 仕事ができる人物は、こんなところも頼りがいがあります。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';