『善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり』(孫子)

『善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり』とは孫子の兵法の名言の一つです。 この名言から営業について当てはめて考えてみました。

営業が苦手な人は、余計なことを言ったり、相手の言ったことに対して適切な反応をしないことがよくあります。 そのために、余計なフォローばかりに追われて契約に至らないものです。

営業が得意な人は、事前に相手の反応を想定し、それに対する対応を用意しておき自然と契約に至る流れに持っていきます。 緩やかな川の流れのように、乱れず流れるがままに契約に至ります。

『敵を知り己を知れば百戦危うからず』も孫子の最も有名な名言です。 相手を知り、自分を知り、仕事のやり方、生活の仕方を事前に情報収集し、シュミレーションをして 『勝ち易きに勝つ』事ができるように、貴重な人、もの、カネ、情報を活用して契約を取っていきたいです。

お客様のことを知り自分のことを知り、事前に相手の反応を想定し、それに対する対応を用意しておき自然と契約に至る流れに持っていく。

ゼロからプラスを得ることができる営業とは、人間にしかできないとても創意工夫を必要とするクリーエィティブな仕事なのです。 私は奥の深い『孫子の兵法』を活用して営業の仕事を頑張りたいです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';