「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」

野球の野村克也元監督が使ったことから有名になった言葉です。元々は剣術書に記されていた言葉です。

勝負では偶然勝つこともあります。自分の実力ではなく周囲の環境がたまたまよかったために仕事が成功したり、タイミングよく訪問したことで予想もしていなかった営業実績を作れたりします。

運も実力のうちという言葉もあります。確かに、いくらタイミングがよくても自分が準備できていなければ良い結果に持っていけなかったでしょう。しかし、偶然という要素も大きかったことを自覚しないと実力はついてきません。

一方、負けるときには必ず理由があるものです。タイミングが悪かったとしても対処方法はいくらでもあります。負けた時になぜそうなったのかをしっかりと反省して、次に備えることが大切なのです。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」これは、勝った時よりも負けた時の方が自分の成長のためになるという意味も含まれています。

負けた時には必ず理由があり、その理由をつきとめて改善していくことができる。勝ったときには偶然がうまく繋がったりと、勝った理由がわかりにくいこともあります。負けた時の経験こそ成長するチャンスなのだと考えて前向きに取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。