仕事を効率化する食事と睡眠での健康管理

仕事前の食事と睡眠どれほど大切に感じているでしょうか。今朝は朝食はしっかり食べてきたでしょうか。仕事の集中力を高める健康管理に不可欠な食事の取り方と睡眠についてお伝えします。

朝から毎日朝食を食べる人もいれば、抜きでも仕方ないと思う方もいます。朝食を取る事で体のスイッチが入ります。実際学生でも朝食ありとなしでは成績が変わってくるという結果も出ています。仕事の前の食事は集中力を高め仕事率が変わってきます。忙しくてもバナナ1つ、グラノーラ、ゼリーでも必ずおなかに入れてからスタートするようにしましょう。

大事なプレゼンを控えた日の昼食はいつも何を選んでいるでしょうか。エネルギーが必要なので炭水化物からたんぱく質と野菜もバランスよく取れる定食がオススメです。ごはんも含め八分目でおさえておきます。逆にカツ丼などは血糖値を上げインスリンを増やし眠気を誘ってしまいます。しっかりと頭をさえて万全に仕事に臨めるといいですね。

もう1つ仕事をこなしていく上で基本的に重要なのは睡眠時間です。ご存じのように体内時計があり夜の12時には就寝すると疲れも取れます。毎日ベストな必要な睡眠時間は6から8時間と言われています。忙しい時こそ時間が惜しく遅くまで仕事したいかもしれません。割り切って十分な睡眠時間をとるのが重要です。睡眠の不足は眠気、日昼の集中力の欠如やミスにつながります。すっきりと毎日の仕事に向かう方がコンディションが良くなります。

食事と睡眠どちらも仕事の上で大切な健康管理の一部です。ぜひ忙しい仕事の時こそ食事や睡眠を削らず、健康的に効率よく仕事を毎日続けていけるように心がけていきましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';