為せば成る、為さねば成らぬ何事も。

「為せば成る、為さねばば成らぬ何事も。」

この言葉をご存じの人も多いのではないでしょうか。 改めてその言葉の意味を振り返ってみたいと思います。

行動するということはとても大切なことで、じっとして考えることよりも勝る場合が多々あります。 特に、適切で勇敢な行動や思い切った行動は、人々の役にも立ち、自身の心も豊かにします。

ここぞと思った時は、思い切って恥を捨てて、誰よりも速く人のためになる行動をしましょう。 やったことのないことには、あらゆる恐れを捨てて、行動してみましょう。きっと良い経験となります。 仮に失敗をしたとしても、人前で恥をかいたとしても、人はその都度学びます。

また、失敗した人を決してけなしたり笑ってはいけません。あなたが笑っている間に相手は学び、勝っていくのですから。 さらに、行動することよりも行動しないことの方が大きな後悔が残るともいいます。

成果、結果、結論、業績、残るものの全ては行動がなければ出てきません。為さねば成りません。 1日1分、1秒でも良いのです。その僅かな時間を積み重ねることで結果は生み出されます。

思い当たることがあれば、少しずつでも良いので実行していきましょう。 そして、日々、悔いのない人生を歩みましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';