市民吹奏楽団での活動

私は趣味で楽器演奏を学生の頃から続けています。 そして社会人になった現在も地元の市民吹奏楽団に所属して、休みの土日に楽器の練習や演奏会の準備などに時間を使っています。

この団体は色々な仕事を持っている方が集まっており、練習後はみんなでごはんを食べに行ったりするのですが、仕事内容や苦労話など情報交換をすることができるので、 とても有意義な時間だと私は感じております。

活動はそれぞれの楽器を持ち寄って演奏したい曲を選んで練習し、年2回の演奏会に向けて音楽を作り上げていくのですが、 それ以外にも社会活動として様々な活動をしております。

それは定期的に近隣のデイサービスにてミニ演奏会をしたり、中学校の部活にお邪魔して初心者に楽器レッスンを行ったりとボランティア活動を行っています。 せっかくの休みなのに自分の好きなことに時間を使ったらいいのに、と親はよく言うのですが、自分がやってきたことを共有して仲間と何かに取り組むこと、それを通じて社会に貢献できることが現在の私の喜びになっています。

また楽団員との活動のでは年齢の幅がありますが、それぞれ相手の立場に立って物事を発言しているところがあり、円滑にコミュニケーションを取ることが出来ております。 その楽団で学んだ対応スキルは実は会社に置いても活かすことが多く、とても役立っているなと感じております。

これからも仕事と音楽演奏活動を両立していけたらと思っていますし、将来は家族で演奏活動ができたらいいな、なんてまだ先の話になりますが、そんなことを考えています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';