趣味の大切さについて

最近はよく自分は趣味がないと言う人がいますが、そういう事は言わない方が良いです。 なぜなら、ビジネスの場でもプライベートの場においても趣味の話は大抵話題に出てくるからです。

そこでせっかく親密になれるかどうかのチャンスがあるにもかかわらず自分は趣味がないと言ってしまっては話はそこで終わってしまいます。 また本当に全くの無趣味という人はそうはいないはずです。

中には本当に無趣味だという人もいるかもしれません。ですが、大抵の人は毎日仕事だけやって生きているという事はないと思います。 必ず余暇の時間があるはずです。その時の話を趣味の話題になってた時に出すようにすべきです。

たとえそれが多少一般的な趣味の話題でなかったとしても趣味の話題になって自分は恥ずかしいから言わないのは絶対に避けるべきです。 特にこれからビジネスをするかもしれない相手との会話で出てきた趣味の話題は絶対に趣味はないと言ってはいけないです。

それで話が盛り下がっては意味がないからです。それよりは自分は意外と多趣味だとい言った方が相手は自分に関心を持ってくれます。 ですから、趣味の話題を軽く見ない方が良いです。

意外と最近の人はその事を分かっていない人が多いようですのでもっと趣味を持っているアピールをするのは大事だと思った方が良いです。 少なくとも私はこれまでに趣味でなかった事も趣味にするくらいいろんな人と話ができるようにするために無理やりに趣味にした事もあります。

それで話が盛り上がるのは結構な事だからです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';