夏の定番!そうめんと冷麦

皆さん季節はもうすぐ夏ですよね。 夏の食べ物と言ったらそうめん、冷麦なんかを思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

皆さんどちらも食べたことがあると思いますが、何と無く味は同じだと思ったことはありませんか?

じつはそうめんも冷麦も材料は小麦粉、水、塩と同じものから出来ているのです!細かい製法などは異なる部分はありますが、材料が同じだと味も同じなのは納得できますよね。

ではそうめんと冷麦が決定的に異なる点はどこだと思いますか?それはズバリ太さです。

消費者庁ではそうめんは直径1.3ミリ未満のもの、冷麦は直径1.3ミリから1.7ミリ未満のものと定義しているのです。 消費者庁の分類としてもそうめんと冷麦は細さでしか分類してないのですね。 さらに付け加えると直径1.7ミリ以上のものをうどんと定義しているようです、同じ材料でも呼び名が細さだけで変わるのは面白いですよね。

そうめん、冷麦は乾麺で茹でないと食べられませんが、夏の熱い時に汗だくだくで茹でるのは地獄ですよね。 そんな時にとっても最近便利な商品も出ているようです。 流水麺と言って、なんとゆでないでそのまま水にさらせば食べられる加工済みの麺が発売されているようです。

そうめん、冷麦が茹でずに袋からザルに開けて水でゆすぐだけで後はめんつゆを用意するだけなので料理が苦手な人でも簡単に食べられますね。

皆さん今日はそうめんと冷麦が食べたくなったのではないでしょうか、昼食にぜひいかがでしょうか?

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';