スマホ老眼になる前に

私も学生時代から携帯電話を使い、今では普通にスマートフォンを使ってる一人です。

両親などは携帯電話も持ってないので、これだけ普及していてもケータイやスマホが必需品と思っている若者の気持ちがさっぱり分からないようです。 私も友人もそうですが、スマホを目覚まし時計にしているので寝る時は自然とベッドに持ち込みます。 すると自然、寝る時にもスマホを手に取っています。

朝はアラームが仕掛けてあるにも関わらず、目が覚めないので結局母に起こされるという顛末になってしまうで 母からは「寝る前にスマホを見ているから起きられないのだ」と突っ込まれてしまいます。 その上近頃、肩こりが気になるのも母は「スマホの見すぎだ。私があなたの年頃は肩なんか凝らなかった」とさらに突っ込まれてしまいます。

そんな時テレビの情報番組で「スマホ老眼」なる特集をしているのを見ました。

スマホを長時間見つめる事で目の筋肉が凝り固まって、目がぼやけたり、ピントの調節ができにくくなるというものでした。 結果として肩こりや頭痛が起こりやすくなるとも言っていたので、母の忠告は当たっていたということになります。

夜寝る前の、ラインで友人とおしゃべりするのは仕事で疲れた後の楽しみのひとつでもありましたが 肩こりがひどくなって、シップを貼ったり薬を飲んだりするのも避けたいので ここは母の忠告を聞いて、スマホもやりすぎないようにしなくてはと思い始めています。

そして朝も母の手を借りずに起きられるようにしなくてはいけませんよね。いい大人ですから。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。