健康ってなんだろうと調べてみました

健康、ってみなさんがイメージしやすいですけど、定義があるのを知っていますか。

世界保健機関・WHOに憲章があり、そこに、「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます」と書いてあるそうです。

これは日本WHO協会(なんてものがあるんですね)で訳された言葉なのですが、英語も面白いので紹介したいと思います。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

Completeと書いてあるので、完璧な肉体、精神という意味合いなんですかね、そう考えると完璧に健康な人なんてなかなかいないような気がします。 で、この英文が1988年に少し変わったそうなんです。

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

最初の英文にdynamicという単語とspiritualという単語が足されたそうなんです。 dynamicと言われると、日本語でもダイナミックといえば、動的なさま・力強く生き生きと躍動するさま、と国語辞典に書いてありますが、この英文の中では、病気と無縁ということではなく連続しているという意味で使われているそうなんです。 確かに死なない人はいませんし、生きていて病気と無縁に暮らせる人なんていないですよね。

もう一つspiritualという単語ですが、日本でスピリチュアルというと霊的な感じがしますが、その英文では、精神的なという意味を含んでいて、人間の尊厳の確保という観点からも健康、ということでその単語が使われているようなんです。

完璧に病気と無縁、というのは難しいですが、なるべく病気とは離れたところで生きることはできそうですよね。あと、人間の尊厳、ってなんだろう、よく分からないですけど、そんなことの健康も考えなくてはいけないんですね。ちょっと考えてみようかなと思いました。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';