今のうちに禁煙しないと大変な事に!

たばこを吸う方には耳が痛くなるような日があります。

それは、5月31日の世界禁煙デーです。 さらに、5月31日から一週間は禁煙週間です。

世界禁煙デーは“世界”と付くように国際デーのひとつで、WHOが平成元年に制定しました。 趣旨としては「たばこを吸わないことが一般的な社会習慣になるように対策を講じるべき」としています。 そのため、厚生労働省では毎年テーマを決めて、シンポジウムやイベントを行っているようです。

私はたばこを吸わないので分かりませんが、たばこの値段はどんどん値上がりしているみたいですよね。 そのうえ、分煙や禁煙の飲食店も多くなっていますし、新幹線ののぞみは全席禁煙になりました。

受動喫煙の危険性も広報されると、たばこを吸っていない人からの視線が、更に厳しくなっているのではないでしょうか? たばこを吸う人には生活しにくい社会になっているので、WHOが目指している「たばこを吸わないことが一般的な社会習慣になるような対策」は徐々に効果を表しているようです。

それでも、たばこが辞められない人もいますよね。 たばこが吸えなくてイライラしている人を見ると、たばこを吸うことの弊害よりも、吸わないことのストレスの方が、体に悪いのではないかと心配になります。

最近は、禁煙外来を行っている病院も増えているようですし、禁煙するための市販薬もあります。 お医者さんや薬の力を借りて、スムーズに禁煙できると良いですね。

今のうちに禁煙しておかないと、喫煙者は益々生活しにくい社会になっちゃいますよ。 たばこが辞められない方は、禁煙週間だけでも禁煙してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';