「昭和の日」について考えてみましょう!

 今日は4月29日の祝日である「昭和の日」についてお話しします。 以前からいくつかの疑問があり、少し調べた結果、分ったことを皆さんにもお知らせしたいと思います。

 まず、なぜ「昭和の日」は祝日になっているのでしょうか? 結論から先に言うと、4月29日は昭和天皇の誕生日だったからです。 日本の祝日は「国民の祝日に関する法律」(通称:祝日法)によって決められています。 その祝日法によると、現在の在位している天皇の誕生日は祝日にするとなっています。 したがって、現在の平成天皇の誕生日12月23日は天皇誕生日として祝日になっています。

それではなぜ、崩御された昭和天皇の誕生日が、今でも祝日として残っているのでしょうか?

「昭和の日」の趣旨としては「激動の日々を経て、復興を成し遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」となっています。 このように終戦後の激動の時代に国民の象徴として復興を遂げた、昭和天皇のその功績であると考えられます。 また、昭和天皇は神話上の天皇を除くと、歴代天皇の中で最も在位期間が長かったこともあると思われます。

 昭和天皇の誕生日4月29日が「昭和の日」になるまでの経緯は?

昭和天皇の誕生日は、その在位期間中の1927年~1948年の期間は「天長節」、1949年~1988年の期間は「天皇誕生日」と言われていました。 崩御されると昭和天皇が自然を愛されていたことから、「みどりの日」と名称が変更になり、祝日として残りました。 2007年からは祝日法が改正され、「みどりの日」は5月4日に移り、4月29日が新に「昭和の日」になって現在に至っています。 このように4月29日は、「天長節」「天皇誕生日」「みどりの日」「昭和の日」と4つの名称を経て、祝日として存続しています。

 それでは「明治の日」や「大正の日」がないように、他に功績を称え祝日にすべき天皇はいなかったのでしょうか? 現在の祝日は年間16日ありますが、昭和天皇の「昭和の日」以外に、2日あります。

一つは明治天皇が生誕された11月3日で、名称は「明治の日」ではなく「文化の日」になっています。 「文化の日」の趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」となっています。 前半の「自由と平和を愛し」の文言には、この日を戦後の新憲法の公布日とした理念が入っています。 後半の「文化をすすめる」の文言には、明治以降の日本の生活・文化の飛躍的な発展を意味しています。

二つ目は初代天皇である神武天皇が即位された2月11日、戦前は「紀元節」と呼ばれていた「建国記念の日」です。 「建国記念の日」は日本が建国されたことを祝う日であり、日本が建国した日が2月11日という訳ではありません。

このように年間16日の祝日のうち、現在の平成の天皇誕生日を加えると、4日間は歴代天皇に関わる日が祝日になっています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';