4月14日は何の日?

 皆さん!4月14日は何の日かご存知でしょうか?

2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデー、それでは4月14日は何の日でしょう?

4月14日は韓国では「ブラックデー」、日本では「オレンジデー」になっています。 この4月14日は14日つながりで、バレンタインデーとホワイトデーの続きみたいな位置づけになっています。

 まず、韓国の「ブラックデー」についてお話しましょう。

ブラックデーはバレンタインデーやホワイトデーで贈り物をもらえずに恋人がいない人が、黒い服を着て集まる日になっています。 その時にはチャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺)やブラックコーヒーなどの、見た目が黒い飲食物を食べます。 この集まりに来る人は、バレンタインデーやホワイトデーでチャンスを逃した人であり、現在は恋人がいないフリーな状態を公言している人です。 会食をしながらお互いの不幸を慰め合いますが、その日の出合いをきっかけに付き合いが始まる場合もあると言うことです。 このブラックデーは1990年代前半に韓国で自然発生したと言われていますが、その由来はよく分かっていません。 ある意味では、バレンタインデーやホワイトデーでチャンスを活かしきれなかった人の、救済日みたいな感じですね。

 次に、日本で発生した「オレンジデー」についてお話しましょう。

オレンジデーはバレンタインデーやホワイトデーにつぐ「第3の愛の記念日」として、今や認知され始めてきてきました。 オレンジデーは、バレンタインデーやホワイトデーでめでたくカップルになった二人の愛を、さらに深めるための日になっています。 その日はオレンジやオレンジ色のプレゼントを贈る日として、商魂たくましい企業が宣伝しています。 このオレンジデーは、愛媛県の柑橘類生産農家が1994年に最初に考案しました。 オレンジといえば「みかん」をイメージする人もいますが、「みかんの日」はまた別で、11月3日と12月3日に農林水産省が制定しています。 考案の由来としては、オレンジの花言葉が「花嫁の喜び」であり、オレンジは花と実を同時につけることから愛と豊穣のシンボルとも言われていました。 またその花は、花嫁の頭を飾るコサージュとして使われていました。

 いずれにしても皆さん!この4月14日をチャンスとして活かしましょう。

めでたくバレンタインデーやホワイトデーでカップルになった恋人同士は、オレンジデーでさらにその愛を深め。 残念ながら、チャンスを逃したひとはブラックデーの最後のチャンスに望みをかけましょう!

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';