今でも使っている尺貫法の単位

4月11日は「メートル法公布記念日」です。 メートル法の歴史について、少し調べてみましたので紹介しますね。

メートル法が公布されたのは大正10年4月11日で、この日から法律でメートルを使うことが定められました。 メートル法になる前は尺貫法を使っていました。 昭和40年頃までは、尺貫法とメートル法の両方を使っていましたが、昭和41年の改正計量法によってメートル法一本になりました。 そのため昭和41年からは尺貫法の定規などは販売禁止になったそうです。

でも、尺貫法の単位を使った言葉は、今も結構残っていますよね。 長さや面積の単位で馴染み深いところでは、昔話の一寸法師です。 メートル法で言えば3センチ法師です。

シャクトリムシは歩く姿が、一尺・二尺と長さを測っているように見えるから名付けられた名前です。 一寸先は闇も3センチ先は闇になりますが、何となくピンときませんね。 家の間取りなどで「1間(けん)の窓」とか、「1000坪の庭」などと言いますよね。

土地の面積は何平米と言われるよりも、坪の方が広さのイメージが浮かびやすいのは私だけでしょうか?

容積の単位だと、一斗缶、一升瓶、一斗樽、日本酒一合、3合炊きの炊飯器とか、普通に使っていますよね。

こんな歌を知りませんか? 「デブデブ百貫デブ、車にひかれてペッチャンコ」なんて歌があったんですよ。

百貫は375Kgですから、車でひかれてもペッチャンコにはなりませんね。 と、くだらない話になりましたので、そろそろ終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';