一年の計は元旦にあり

「一年の計は元旦にあり」ということわざがあります。

これは一年の計画は元旦に立てることが大切だという意味があります。 何かしらみなさんは目標を立てていると思いますが、 一年後に自分が目標を達成した姿をイメージした計画を立てているでしょうか?

何かの行動を起こすときというのは必ず、目標があって計画がないといけません。 目標がない状態では、何をやっていいのかわからない結末を迎えてしまいます。 計画がない状態では、期間中に終わらない、もしくは後回しにしてしまって最終的に急ピッチで仕上げなければいけなくなります。

元旦からが一年になりますのでできるのであれば、12月31日までに一年の計画を立てた方がいいと思います。 また、計画を立てる際に、最終的な目標を成し遂げるための経過の目標を考えるのも大切です。

例えば、いきなりプロ野球選手になる目標を立てても、何をすればプロ野球選手になれるのか分からないでしょうし、 イメージがつきにくいため、すぐに挫折してしまいます。 そのため、最終的な目標を成し遂げる上でステップを踏んだ途中経過の目標を考えることをおすすめします。

仮に子供がプロ野球選手になるのであれば、野球チームに入り、レギュラーを獲得して、大会で活躍し、スカウトしている人に注目される必要があると思います。 レギュラーというポジションを手に入れるには、他人より優れる特徴を手に入れる必要があります。 そこで誰にも負けないバッティングを行えるように素振りを行ったり、体力をつけるためにランニングを行うと良いと思います。

小さな目標と計画をこなして結果を残していくという方法を行っていきましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';