偶然目撃した事故について

皆さんおはようございます。 今日は私が偶然目撃した交通事故の話題についてお話したいと思います。

その日はあまり天気が思わしくなかったため道路状況が非常に悪く注意が必要でした。 私はいつものように徒歩で通勤していたのですが、前方を走っている自転車に乗った女性が携帯電話を操作しているのを見つけました。 自転車のような軽車両でも携帯電話を見ながらの運転はもちろん交通ルール違反です。

先に述べたとおり道路状況が良くない日でしたから彼女が転倒してしまうのではないかと心配しながら後ろを走っていましたら、案の定彼女は向かいから来る自転車に気づかずにそのままぶつかってしまったのです。 幸いどちらも転倒することは無かったのですが、女性はそのまま再び携帯電話に視線を戻して何食わぬ顔で通り過ぎてしまいました。 よく見れば向かいから来た自転車の方もなにやら音楽プレイヤーを操作していたようで、すこし面食らった顔をしつつも再び自転車を漕ぎ出しました。

一部始終を見ていた私はあまりのことにびっくりしてしまいました。 もし相手が歩行者や車であれば双方無事ではすまないというのに、軽くぶつかっただけとでも考えていたのでしょうか。 私はこのような軽い接触も立派な交通事故であると思います。 もし万が一どちらかが怪我をしてしまえば賠償になってしまう場合もあります。

皆さんも通勤の際にはお気をつけください。 これで私の話を終わります。 ありがとうございました。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';