教える立場になる

人に説明をする時相手が理解しているか不安な時はないですか?
この人にまかせて大丈夫なのだろうか。と思う時はないですか?

もし、教えられた人が失敗したら自分の教え方が悪かったということにもなります。
自分の教えるときの口調は優しくても、もしかしたら威圧的で怖い雰囲気を出しているかもしれません。
それは他人に指摘されないと、自分なのでどう見えているかなんて分かりません。
指摘してくれる人がいるとも限りません。

もし教えられている人が何も気にしていなく質問をする人だったら良いですが、様子を窺がって
「今怖いから聞くのをやめよう」と思ってわからないまま作業されたらどうでしょう。
のちのち凄く面倒な事になってしまいます。

自分では態度に出ていないと思っていても出ている可能性はあります。
でも感情があるのは当たり前だし、不機嫌になるのは仕方ないです。

そこで、もし教えている人の飲み込みが遅くイライラしていても一旦落ち着いて深呼吸してみましょう。
人それぞれ飲み込みが遅い人もいるんだと思って落ち着きましょう。
教えてるという事は自分が理解しているから任されているんだと更に自覚して教えてみましょう。

そうすると、教えられている人は今迄と違うと思って分からない所も素直に聞いてきてくれるかもしれません。
相手に教えるのは難しい事だと思いますが、ひとまず深呼吸して自分を落ち着かせてみましょう。

自分も楽になるかもしれませんよ。
逆の立場だったら優しい人の方が嬉しいですもんね。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。