かもしれない運転

交通事故から身を守るために大切なこととして「かもしれない運転」というものがあります。

例えば、優先道路を走行していても、見通しの悪い脇道から車が飛び出してくるかもしれません。
そうしたときに、「優先道路だからと大丈夫」だと思わずに、「ひょっとしたら」の可能性を考えてアクセルから足を離しておけば、事故を回避できるというものです。

しかし、「かもしれない」に備えるということは、車の運転だけではなく、仕事やプライベートにも同じことが言えるのではないでしょうか。
「かもしれない運転」は、言い換えれば、危険性やリスクをあらかじめ予想して、それに対応できるように身構えるということです。
万が一のことを考えてリスクヘッジを取るのは、当たり前と言えば当たり前ことです。

ちょっと急いでいたり目先のことに捉われ過ぎてしまうと、車を損傷したり、怪我をする可能性があります。
急いで得られるわずかな利益と、急いでいなければ免れた損失の大きさを天秤にかければ、賢明な判断はどちらか明らかだと思います。
大切なのはその危険性をどこまで掘り下げ、より有効な対処方法を考えられるかということではないでしょうか。

仕事をする上でも、大きなミスやトラブルに繋がりうる漏れを未然に見つけ、それを修正していくということは大切です。
いまいちど普段の業務などを見直して、今行っていることが何のために行なっているのかを考えてみるのも良いかと思います。

どういったミスを防ぐためか、あるいはどういうミスが起こりうるのかを考えるということは、仕事の効率化や精度の向上に寄与するものだと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';