労働安全衛生管理

今日は労働安全衛生管理について話したいと思います。

働くときにけがをしない様安全になっているか、汚れた粉塵が舞ったりしていないか等衛生的になっているかのお話です。
まず、安全で衛生的な職場環境を作るためにはどうしたらいいのでしょうか。

皆さんは自分達の作業が上司から伝承されていて、だから上司と同じ品質の製品が作れることは承知ですね。
正しく伝承されなく自分勝手なやり方で作るとしたら、作業員個人のスキル次第で、いつも同じであるべき品質がバラバラになってしまうでしょう。
そうならないように作業の仕方を整理しまとめた作業標準というマニュアル書を持っていますね。

作業の手順や作業のポイントを明確に記載し誰でも読めるようにしてある文書です。
新人は上司からじかに作業を教えてもらった後、今度は自身でこの作業標準書を手本として作業を身に着けていくわけですね。
この作業標準に従って作業をするわけですが、作業の改善もこの文書に記録され更新されていきます。

安全衛生の改善についても同じです。
作業を手順書に従って実施したとき、その作業が本当に安全かどうか、どこかに危険が潜んでいる、疲れる等がありはしないかをチェックしていくのです。
このチェックを職場のみんなで実施したり、安全衛生委員会が主体になって実施したりすれば、より良い気付きや発見があるかもしれません。

この行動をリスクアセスメントと言って労働基準法で義務付けて、労働者が安全で衛生的に作業ができるように呼び掛けているわけです。
安全で衛生的な職場環境にして、気持ちよく仕事をしていきたいものですね。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';