朝食で食べた方がよいもの

朝食と言うと、和食が体に良いという人もいると思います。
私も生活環境上、朝は和食を食べることの方が多かったです。
一人暮らしの方は、パンやシリアルなど洋食を食べるという人もいるかもしません。

では朝食には何を食べるのが体に良いのでしょうか。
本当に和食が体に良いのかというと、そうとも言い切れないようです。
和食は、野菜や魚が中心なので朝に食べるにはヘルシーでとても良いのですが、欠点を言えば塩分が高いことです。

ご飯にあう漬物も食べすぎは良くありませんし、豆腐や納豆にもお醤油をかけるので、調味料の使い方によっては塩分過多になりやすい場合もあります。
私もつい醤油をかけすぎてしまうなんてこともあるので気を付けなければならないと思っています。

また、逆に洋食でも体に良い食品はたくさんあります。
パンは確かに高カロリーですし、朝から血糖値をいきなりあげてしまうのであまり理想的とは言えませんが、
卵には質の良いタンパク質が含まれているため朝食にはとても良いそうです。

和食でも卵焼きなどのメニューに卵がありますが、洋食でも共通して卵を取り入れるのがお勧めです。
また、洋食の朝食であればナッツ類や果物やヨーグルトなども体に良いとされています。
特にバナナは甘みもあるものの、栄養価も高く集中力をアップさせてくれる効果があるので、洋食派であればパンの代わりにバナナを
食べるのも良さそうです。

和食・洋食ともにメリットデメリットがありますので、それぞれの良さを上手に取り入れながら健康的な朝食にしたいものです。
1日の始まり、脳に栄養がいかないと仕事にも響いてしまいますので、自分に合った朝食を摂って毎日健康的に過ごしていきたいと思っています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';