いつまでも新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいきたいです

高校生のころアルバイトの経験をしたことのある方は多いと思います。
10代の若者にとって、アルバイトは初めて自分でお金を稼ぐ経験ということになるはずです。

自分で働いて得たお金で映画を観に行ったり、好きな服を買うための余分な現金を持てるということは少し大人になった気分にもされられるものだと思います。
私も最初に仕事をしたのも高校生の頃に経験したアルバイトでした。

アルバイト経験は私を少しを独立させ、私を少し大人のような気分にさせたものでした。
アルバイト経験から私が得たものはお金だけではありませんでした。
私は仕事に対して責任を負うということも経験することができしまた。

自分で働いて得たお金ですから、無駄遣いしたいとも思えずお金は慎重に使っていかなければならないということもアルバイト経験から得られたことだと思っています。
アルバイト経験はこれら以外にも大切なことを私にもたらしてくれました。
それは人間関係の大切さです。

私がアルバイトをした職場には、さまざまなタイプの人々が一緒に働いていました。
年齢は当然のことながらさまざでした。
私の両親より年上の方もいました。

それまで幅広い年齢のひと達と一緒に活動したことのなかった私にはこれは新鮮で貴重な体験となりしまた。
アルバイトでは時間厳守の習得なども学ばなければなりませんでした。
時間通り作業をしなければ他のひと達に迷惑をかけてしまうことになるからです。

私の最初のアルバイトは夏休みの一ヶ月程度でしたが、この一ヶ月で私は実社会を学んだような気がしました。
社会に出た今も初めてアルバイトを経験したころのような新鮮な気持ちをいつまでも持ち続ていきたいと思っています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';