運を貯める

皆さんは、ボランティア活動などはしたことがありますか。

どうしても、報酬を求めてしまい、無償で何かをすることは損なように感じてしまう傾向にある人も多いと思います。
また、「誰かのためにやっている」という感じがして、どうもおこがましい感じがしてしまう方もいると思います。

私もそう感じる一人でありましたが、先日あるドラマの社長役の方が、このようなことを話していました。
その社長は、人が困っていればすぐ手を差し伸べ、ごみが落ちていれば拾う、日ごろの生活にボランティア精神が溢れている社長でした。
その社長に向けて、社員がどうしてそのようなことをするのか尋ねたところ、このように返答していました。

「運を貯めているのだ」と。

この言葉は、私にとって目から鱗が落ちる言葉でした。
なるほど、人のためにもなるが、自分の運も貯めていると考えれば、無償でもないしおこがましい気持ちも感じなくなると思ったのです。

人のために何かをすることは、やってみると自分も気持ちがいいものです。
さらに、運も貯まっていると考えれば、その効果は何倍にもなると思います。
いい行いをすると、いつか自分に返ってくると私は考えます。

私は始めに、ボランティア活動と言いましたが、そんな大それたものでなくても、コピー用紙が少なくなっているのに気付いたら、次の人が印刷することを考えて補充する、そんなちょっとしたことでいいのだと思います。

運を貯めていると思いながら、身近なことから何か始めてみませんか。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';