プリグラミングを学習すること

最近では、小さな子どもへプログラミングを教えることの有用性が指摘されています。

小学校の教育カリキュラムの取り込まれたり、体験型のイベントなども頻繁に行われているそうです。
将来的には、英語のようにプログラミングができるというのが大きなアドバンテージになったり、当たり前にできる時代がくるかもしれません。

現在、オンラインでプログラミングの勉強ができたり、基礎を学べるサイトが多くあります。
興味本位で試しにやってみたのですが、実際にやってみると、奥深さも魅力的だがそれだけではないことに気付かされます。
必要とされるのは、英単語やイディオムのような知識だけでなく、論理的思考というのがキーになっているということをひしひしと感じました。

例えば、顧客や上司が自分にどんな答えが求められているのかを考えるのは、ごく当たり前に行なっていることでしょう。
しかし、プログラミングというのは、ゴールを実現させるために、コンピュータを自分の思う通りに動かすということです。
どういうコードがどういう結果を生むということを、逐一考えながら進めなければなりません。

こうしたプログラミングを学ぶということは、単に成果物を作るだけでなく、プラスアルファの利益を生むと強く感じました。
ゴールに至るプロセス、つまり、同じゴールにたどり着くために書くコードも人によって異なります。

共通の利益を得るために、各々がその方法について考えるということが大切なのではないかと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';