「困難は分割せよ」を改めて考える

「困難は分割せよ」。

このことばはあまりにも有名なので、みなさんも聞いたことがあると思います。
ビル・ゲイツをはじめとした多くの人がこの言葉を引用していますから。

この言葉はフランスの哲学者・数学者であるルネ・デカルトが、これまた「我思う、故に我あり」で有名な『方法序説』で述べていることです。

ただ、あまりにも有名でよく聞くので、聞き慣れてしまってこのすばらしく簡潔な警句について、大事であるという意識が薄れているようにも感じます。
それはとてももったいないことです。そこで改めて、この言葉について考えてみます。

まず、デカルトは『方法序説』のなかで、正確には以下のように言っています。
「検討している難問をできるだけ多くの部分、しかも問題をより良く解くための小さな部分に分割すること」。
より良く解く、というのは、より良いベストな解決策を与える、ぐらいの意味です。

デカルトはこの言葉を、数学の問題を解く上での規則として書いています。
それも4つある規則のうち一つです。
残りの3つを挙げると、この言葉はより生きてきます。

第一は、注意深く速断と偏見を避けること。
第二は先程の、困難を分割すること。
第三は、単純なものから始めて複雑なことへ登っていくこと。たとえそのままだと順序がつかないものにも一度順序をつけること。
第四は、最後に全体を見渡して見落としがないことを確認すること。

原文はもっと長く書いてますが、私なりに抜き出すとこんな感じです。
これら4つは、数学だけでなく全ての困難な仕事に当てはまると思います。
あわてて決断するのを避けて注意深く見て、困難を分割して、最初は単純なものから始めて順序よく片付け、最後は全体を見渡して見落としがないかを確認する。

複雑な問題、難しい仕事を考えてこなす上で、困難を分割する以外にもこんな大事なことがあったのです。
これからの仕事にも困難が伴いますが、より実践的になった4つの規則を胸に、最高の仕事をしようと思います。

ご清聴ありがとうございました。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';