人間にとって大切なもの

O・ヘンリーは、「人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。」という言葉を残しています。

生きている時間が少なくても、多くの人に感動を与えている人はいます。
特に、難病を患いながら病気と闘った人は、人生に対する考え方も、取り組み方も違います。

文字通りに、「死に物狂い」で闘っているので、当たり前です。
だからといって、病気になりたいと思う人はいないでしょうし、闘病している人に対して失礼になります。

では、どうすれば価値ある人生を送れるのか。

心構えと言ってしまえば、それまでですが、目の前にある仕事などを真剣に取り組むことだと思います。
そして、ただ淡々と仕事をこなすのではなく、その仕事を極めることだと思います。
仕事を極めると、いろいろなことが見えてきますし、考えが沸いて来ると思います。

それは、仕事の効率化だったり、仕事の生き甲斐だったり、後輩への引き継ぎ方など、様々だと思います。
そして、必ず思うことは、「その仕事で自分は何を残せただろう」ということです。
「もっと真剣に取り組めば良かった」と思う人もいることでしょう。

しかし、その様に思えた人は、その仕事に真剣に取り組んでいた証拠ですし、その反省を糧に価値ある人生を送って行けると思います。
価値ある人生とは、他人が評価するものではなく、自分が過去を振り返ってどう感じるかです。

あなたは、過去を振り返って満足してますか?
少しでも満足出来ることがあれば、あなたは価値ある人生を送っています。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';